読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

観光にオススメ!ブルームの魅力を写真と共に伝えよう。

行きたい場所の一つであったブルームに週末を使い訪れることが出来た。どうもまえだです。

 
 
後半に続くと言いつつ間にさり気なく野宿した話をぶち込んだため、
 
 
 
「おいっ!ブルームで月の階段を見れたかどうかの話しろよ!」
 
と思われているかもしれない。
 
 
安心して欲しい。この記事では、ブルームの観光の話を取り上げますよ。
 
 
 
では、本編を書いていきたい。
 
 

ブルーム到着後、初日の流れ

 
初日に車のサイドガラスが割れるハプニングこそあったものの何だかんだ今回ブルーム行きを提案してくれたワタさんが車を飛ばしてくれたかいもあり何とか月の階段の見頃前にブルームに到着出来た。
 
 
しかし、月の階段が見える海の上空一体は辺り一面曇り空であった。
 
反対側のケーブルビーチの方は雲がそこまで多くなく綺麗なサンセットが見れる雰囲気が伺えた。
 
 
そのため、この日の月の階段は諦めケーブルビーチからのキャメラウォークとサンセットを見に行くことを決断した。
 
ケーブルビールでの写真はとても絵になる。

f:id:maetk:20160427191659j:image

おかげで綺麗な夕日をケーブルビーチで見ることが出来た。
無加工でこの写真を撮ることが出来た。

f:id:maetk:20160426150258j:image
 

そして、ケーブルビーチを後にし、日の出の見えるタウンビーチ側で野宿をした。

キャメルライドが見れるケーブルビーチと月の階段が見れるタウンビーチは反対側にある。


日の出を見るために早起きしたら満月を見ることが出来た。

f:id:maetk:20160426150437j:image

ブルーム到着後2日目

 
そして翌日は、充電難民およびWifi難民であった我々はブルームの図書館へと駆け込んだ。
 
f:id:maetk:20160423122609j:image
 
たっぷりフリーWifiを堪能することが出来た。やっぱりフリーWifiの図書館をカナナラにも作って欲しいと切望した。
 
 
 
その後は、毎週土日に開催される市内のマーケットに足を運んだ。

f:id:maetk:20160427132135j:image
 
マーケットの様子。

f:id:maetk:20160427191650j:image

食べ物や、小物、雑貨など幅広く取り扱っていた。


これが、市内の様子。

f:id:maetk:20160427141219j:plain

そして、月の階段が見れるタウンビーチの前に再びケーブルビーチで泳いだりキャメラライドを見た。
 
初日にキャメラライドの写真を上手に撮れなかったためリベンジ。
f:id:maetk:20160426150317j:image


二日目ということで事前に、どこを通るか分かったのでより上手に撮れたと思う。

f:id:maetk:20160426150724j:image
 
 
 
 
 
サンセット時のキャメラライドを取りたかったが、そうすると月の階段を撮るためにベストポジションを取れなくなることを懸念してタウンビーチへと移動した。

 
この日の月の階段が始まるのが6時半頃で4時半頃に到着すると余裕で良いポジションを確保することが出来た。
 
 
日中は雲ひとつない快晴であったが、日没前になると曇り空に変わっていた。


 もうだめだ。。。
見れないと完全にこの時諦めていた。
 
 

一緒に観光に来ていたワタさんに「月の階段は見れなそうなんで帰りましょう!」と言いかけた。
 
 
 
その時、後ろにいたおばさんが、
 
 
「It's gonna be beautiful.これは綺麗になるわ」
 
 
と突然言った。
 
 
その言葉の直ぐ後に、
 
f:id:maetk:20160426150454j:image
 
キタァーーーーーーーーーーー
 
 
 
ちょうど月の見える位置だけ雲がはけていてひょっこり月が顔を出してくれた。
 

 
月が赤く光っていたので、太陽っぽく見えるがまごうことなき月の階段である。

f:id:maetk:20160426150613j:image
 
 
月っぽさを演出するため加工した画像。

f:id:maetk:20160426150625j:image
 
 
 
今回は、完全に諦めていたところに不意打ちで現れたので感動した。


写真の撮りたかったキャメルライドと月の階段の両方の写真を収めることが出来たので非常に満足でる。


また、ワーホリの仕事目線でのシティジョブを探す場所としてもブルームチャンスはありそうな気がした。
私は今いるカナナラを出る際はまだ行っていない土地に行きたいので、今回訪れたブルームに舞い戻ることはおそらくない。


月の階段の見れる満月の時期にブルームに観光することは非常におすすめである。


チャンスがあれば是非訪れて欲しいオーストラリアの場所である。

 
 See you next post...