読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

私の海外の原点。オーストラリアのシドニーに舞い降りる。

ニュージーランドに行く前にシドニーに滞在中です。どうもまえだ(@mae_tk1991)です。


もともとシドニーを訪れる予定はなかったがニュージーランドの南の島の空港へ行くフライトがシドニーにしかなかったためシドニーに訪れることになるのである。


「シドニーに何故訪れる気がなかったのか?」そう思われる方もいるかもしれない。


シドニーは、オーストラリアで一番大きい都市である。そして、オーストラリアに留学・ワーホリに行くなら第二の都市のメルボルンと並んで人気の行きたい場所に挙げられるのではないだろうか。

f:id:maetk:20170107110531j:image

しかし、今回の滞在中にシドニーに行きたいとは思わず予定もなかった。


それは、私が以前シドニーに訪れたことがあったからだ。


あれは4年前の大学生の頃だ。

就活も終わった学生達が卒業するまでの最後の長期の自由な期間を過ごす中で卒業旅行は欠かせないだろう。


そんな私も友達と海外旅行をすることになる。その場所が「オーストラリア・シドニー」だったのである。


この時、私は20年間の人生で日本の地を出たこともなく、パスポートすら持っていなかった。


その後、パスポートも取得しシドニーへ3泊4日の旅行に出掛けたのだ。


当時を振り返ると、就活用にTOEICは勉強してはいたものの英語は全く喋れず初海外に浮き足立っていた。


シドニーのメインストリートを歩くと日本の街並みの違いや、周りの海外の人を見て「俺海外来ちゃったよーすげー」とかテンションが上がっていた気がする。


それが、私の初めての海外初体験である。そんな思い出の地シドニーに現在いる。


そして四年という月日が流れ、自分は何か変わったのだろうか?と考えさせられる。


英語力の面では、当時と比較しては断然成長したかもしれない。

あの頃は、道を尋ねることもできなかったし一人で海外生活なんて絶対無理であったが、今では仕事もし英語のコミュニケーションも取れるようになった。


あとは、社会人になった時の財力で一眼レフカメラを購入し写真も始めた。

このブログの画像も大半が一眼レフの写真だ。


他には、社会人を経験したり、ワーホリで自分自身で仕事を探しお金を稼ぎマネージメントすることで責任感・行動力なども学生の頃と比べて成長してると言えるだろう。


しかし・・・だ!

何か満足感・達成感的なものを得られていないような感覚がある。


オーストラリアにいる間も沢山の刺激があったり大変なこともあったが、自分は成長したのか?これが自身を持って見えてこない。


そんな風に思うからこそ私はこの一年のメインテーマを「向上」に突き進んでいきたい。


今年の終わりに、一年を振り返って今年は成長したな!と思えるように三十路に突入する今年を飛躍の年に出来るそんな一年にしていきたいと考える。


これが私の決意表明である。

向上するにあたってどういうことをしていくかはもっと細かく設定していく必要があるがそこは自分の中で纏めておけばいいだろう。


こういう風にブログで宣言することで自分のケツに火をつける目論見もある。


いつの間にか今年の抱負を告げる記事になってたけどたまには真面目に書いてみた。

f:id:maetk:20170107110537j:image


P.S.四年ぶりのシドニーは、アジア人が圧倒的に増えていて、耳を澄ませば日本語が聞こえてくる。そして、街並みの迫力は第一の都市だけあってシドニーが一番かもしれない。

See you next popt...