読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

一瞬の油断!盗まれる私の貴重品達。

オーストラリア フリーマントル ライフスタイル

私は泊まっているフリーマントルのバッパーの部屋で女の子が盗難被害にあった。どうもまえだ(@mae_tk1991)です。

 

今回はそのことに関連した記事になり、私のワーホリ期間で起きた悲しい出来事である。


f:id:maetk:20161019205619j:image

 

同部屋の女の子のクレカが盗まれたと聞いてから私も警戒するようにはしていた。しかし半年以上バッパーに住んでおり、大きな盗難被害に幸い遭遇してなかったこともあり気の緩みがあったのかもしれない。

 

 

休日、海のサンセットを撮りに行こうと一眼を持っていく準備をしていたら・・・

 

あれロッカーに入れておいた望遠レンズがない・・!!!

 

一眼レフデビューした時に購入した、ダブルレンズキットとの望遠レンズがしまっていたはずのロッカーから行方不明に。

 

f:id:maetk:20161019205629j:image

そして、望遠レンズを探している時に、その日にSDカードのデータのバックアップを取るため使用していたGoproも同時に行方不明になっていることに気づいた。

 

こちらはそのままベットの上に置いておいたはずだが見当たらなかった。


f:id:maetk:20161019205655j:image

 

友達と海からのサンセットを見に行こうと予定していたので、物が盗まれたとバッパースタッフに告げ、その場をあとにサンセット撮影に向かう。スタッフには警察に盗難被害レポートを貰った方が良いとアドバイスされた。

 

物が盗まれたショックで写真撮りに行ってもずっともやもやした気持ちのまま、半年以上オーストラリアで生活して油断したなーやられたーーーーという気持ちが駆け巡っていた。

 

普段ロッカーやスーツケースは鍵をかけるのだが、シャワーを浴びたり少し部屋を出る時に鍵を少しの間空けている時間があったのでその隙を突かれたのではないだろうか。

 

そして、サンセット終わりにバッパーに戻る。鍵付きのスーツケースにカメラなどをしまおうとした時、ふと「クレカとかの貴重品は無事かな・・?」と第六感が働き確認して見ると財布とパスポートは無事であったが、二枚ある内のカードケースに入れていた方のクレカが行方不明に。

 

 

く、クレカがない・・・\(^o^)/


f:id:maetk:20161019205706j:image

クレカなくなると結構焦るが、すぐに思ったのがいち早くクレカを停止しなければ!!!

 

これしかなかった。クレカのHPでクレカ盗難・紛失の際の海外デスクを調べ連絡するが、携帯から国際電話が繋がらず、警察に盗難レポートを貰うのと同時に国際電話をダメ元で借りてみようと思い駆け込んだ。

 

優しいスタッフが電話を貸してくれて、無事クレカは停止することが出来た。盗難レポートも貰った時に掲示した身分証明を貰い忘れまた警察に再度足を運んだことはここだけの話だ。

 

 

翌日にクレカの不正利用がないか再度確認するために、国際電話をかけようと公衆電話を利用しようとした時に、国際電話をかける際は、国番号(日本だと+81)の前にインターナショナルコードの0011をつける必要があると知った。

 

前日はそれを知らず国番号と電話番号でかけていたので当然繋がらず、本来はインターナショナルコード+国コード+電話番号の順に入力する必要がある。インターナショナルコードもつけたら携帯からでも電話はかけることが出来た。

 

もし海外トラブルに巻き込まれ国際電話をしなければならなくなったらこのことを覚えてもらいたい。

 

 

幸いクレカからの不正利用はなくお金的な被害はなかった。あと、停止したクレカから月々の固定費(携帯電話、インターネット通信費)などの支払いもしてなかったので無駄な手続きをしないで済むのも不幸中の幸いだ。

 

しかし、望遠カメラのレンズは動物の撮影や離れた被写体を撮る際に大活躍しており、コンパクトなD5500に装着するとごつい見た目になり一眼だぜ!(ドヤッ)が出来なくなるのがとても悲しい。

 

 

いや?これはもっと良いカメラ・レンズを買いなさいという神のお告げではないのか・・!?

 

 

 

という冗談はさておき、今回の不測の事態にもテンパって何も出来ないとかではなく、最低限の対応を取ることが出来き、悪いながらもいい経験が出来たという点は良かった。

 

だが、大切なものを盗られた悲しみと何処にもぶつけようのない憤りは味わいたくないので二度と起きて欲しくはない。

 

最後に盗難被害にあった日に夕日の撮影をしていた時に、突然カメラの前でポージングを決めてくれた謎の女性達の写真を見返すと少し元気になった。


f:id:maetk:20161019210022j:image

This is Australia!!!

 

悪いことの次はきっといい事が起こるんだよね。私は知っている。

海外に旅行・ワーホリなどでいる方は貴重品の管理にはくれぐれも気をつけてEnjoyしてください!これが私からのアドバイスだっ!

 

See you next post...