読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

旅の序章。この旅メインのウルルへ向けて。

アリススプリングスに来た一番の目的はエアーズロックを見る。どうもまえだ(@mae_tk1991)です。

 

当初の予定ではアリススプリングスに着いてから街を散策がてらエアーズロックが見れるツアーを探そうという手筈であった。

 

しかし、探すのが面倒になって幸運にも現在滞在しているアリススプリングスのYHAバッパーからもツアーが予約出来るとあってそこで予約をすることにした。

f:id:maetk:20160909195133j:image

2泊3日 350ドルの所をホステルから予約をすると330ドルで泊まることが出来るのだ。20ドルお得である。

そして、車の駐車料金25ドルも追加して合計355ドル支払った。

 

事前にツアーを探した時も相場が350ドル前後だったので値段的には可もなく不可もなくではないだろうか。


私が参加する日曜日からのツアーは2グループある。私のグループは初日にキングスキャニオンに行き2日目はエアーズロックのサンシセットを見て、3日目にエアーズロックのサンライズを見る。ざっくり言えばこんな感じであろう。


ツアー時に必要となる所持品は以下の通りである。

f:id:maetk:20160909195345j:image

  • 現金(ラクダ乗りがツアー中7ドルで体験できるらしい)
  • カメラ
  • 下着
  • タオル
  • アメニティ
  • 防寒着
  • 帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • 水1.5×2(3リットル)
  • バック
  • ライト
  • ハエ除けネット
  • スリーピングバック

スリーピングバックはバッパーで無料で借りることが出来た。

 

ワーホリで来た当初エアーズロックの存在は何となくしか分からず興味もさしてなかった。しかし、このワーホリの機会を逃したらおそらく観光でわざわざ訪れることはないだろうと思い直しエアーズロック行きを決めた。


正直エアーズロックの期待値がそこまで高くないので、この低い期待値を上回るような楽しい思い出の一つとなれば幸いだ。

 

カメラで余すことなくウルルの魅力を撮影するのが意気込みの1つである。

そしてカメラのバッテリー2つでこの旅行を乗り切れるかどうかは少し心配どころである。

 

いざ!ウルルへ!!ゆかん!!!

 

See you next post...