読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

海外に行く時のお勧めの100円で買える日本のお土産を伝授しようと思う。

オーストラリアのTAXファイルをオンライン申請しようと申請していたら、オーストラリア入国後でないと申請できないと表示され初めてのTAXファイルは挫折から始まった免許証の流れから不運に見舞われているどうもまえだです。ただの情報確認不足

 

先日、上野のゲストハウスに泊まっている時に知り合ったオーストラリア人の青年にコアラのぬいぐるみとチョコレートを貰った。

パッと旅先で知り合った人にさらっとお土産を渡せるのはステキではないだろうか。私もあのオーストラリアの好青年のように同じようなことをしたいと思っている。しかし、今までも旅に行く際、お土産をどうするのか考えていたが、毎回名案が浮かばず仕方なしに日本のお菓子を買うという無難な選択肢しかなかった。

 

だが、今の私は違う。昨日ふと立ち寄った百均での運命の出会いで土産に頭を悩ますことはなくなりそうだ。

松野工業株式会社の提供する和の心

昨日、運転免許証はここじゃ出来ないよとものの5秒で追い返され重い足取りの中、日用品を買いに免許センター近くにある100円ショップに足を運ぶことにした。

 

探していた日用品を探し当てふとわきの棚に目を移すと異色のオーラを放っていた商品を発見した。

 

「何だこれは・・・?」

 

そこにあったのは…

 

 

 

 

 

f:id:maetk:20160304222253j:plain

 

 

 

 

 

焼き鳥であった。

 

 

目を疑った。

 

どうしてこんなものが・・?

 

 

率直にそう思った。

 

 

 

そんな疑問とは裏腹にそこに圧倒的な存在感でぶら下がる無数の焼き鳥達。

 

 

そして次にすぐ次の新たな疑問が浮かんだ。

 

f:id:maetk:20160304222253j:plain

 

 このクオリティで100円なのだろうか。。

 

 

そう、100均といってもものによっては、200円や300円、500円する商品も置いてある場合もある。

 

 

すかさずスタッフに聞いた。

 

「すいません。この商品も100円ですか?」

 

そうですよ。と困惑しながら答える店員さん。

 

そして焼き鳥のすぐそばにある別の存在感を放っている食べ物を発見した。

 

 

 

 

f:id:maetk:20160304222246j:plain

 

寿司である。

寿司とは好きな日本食は何?と海外の人に聞けば間違いなく50パーセント以上の人は寿司と答えるくらい日本と寿司は密接に繋がる切っても切れない関係である。

 

 

しかし、一つ問題があった。その時陳列されている寿司はウニと巻き寿司しかなかった。私は寿司の中でもウニがとても好きだ。しかし、海外の人達の中でウニの知名度は高くない。

 

 

私は焦った。。

 

 

 

オヤジ!他の寿司はないのか!?

 

 

 

 

え~とレジの方にもありますよ。と救いの答えを述べる大将。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:maetk:20160304215626j:plain

 

 おかげで大量のお土産を購入出来た。

 心が躍った。

 

まとめ

今回、運命の出会いからステキなお土産に出会うことが出来た。この商品の魅力的な部分は質とコストの面につきる。(無収入の身にはとてもお財布に優しく非常に助かった)

また、かっぱ橋などにある本格的な食品サンプルとなるとなかなか値段のはるものも多いが、この商品は1個100円なのである。

 

さらに焼き鳥と寿司は日本を代表する日本食と言っても過言ではないので日本のお土産にはもってこい。そして、腐らないのも魅力的である。

また、ストラップなのであらゆるところに付けやすく、一つ一つが小さいサイズなのでお土産としてもかさばらない持ち運びの利便性もあえる。

 

もし、海外の友達にお土産を買おうと悩んでいる人がいればこちらの商品をプレゼントしてみてはいかがだろうか?

 

今回こんなに意気揚々と大人買いしておいて誰にも渡せず1年後持って帰ってくるという事態だけは避けたいものだ

 

 

See you next post...