まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

旅立つ前に荷物を捨てる。

旅行をしる時何かと心配症な私が直面する問題がある。どうもまえだ(@mae_tk1991)です。

 

そう、それは荷物が多いことである。

f:id:maetk:20170108064331j:image

長期で日本を離れるととなるとあれも必要これも必要とスーツケースに詰め込み毎回荷物超過ギリギリまたはオーバーする。

 

アメリカに3ヶ月滞在した時なんてスーツケースの大•中サイズを持ち込んでいったくらいだ。この時は勿論超過料金を払った。

 

そして、今回のワーホリ滞在でも荷物をスーツケースパンパンに詰め込んで28キロの重量プラス機内持ち込み用サイズのバックパックを合わせると45キロから50キロ近い重さになる。

 

こては移動する度一般女性をおんぶしてるのと変わらないのではないだろうか。


f:id:maetk:20170108070728j:image

 

むしろおんぶした時に胸が当たる感触で力が湧きでてくるので女性おんぶした方が良いとさえ思える。

 

話が脱線したが、シドニーにいるさい知人が余分な荷物預かりますよ!と提案してくれたので荷物を預けることにした。

こちらが預ける予定だった荷物だ。


f:id:maetk:20170108064345j:image

予定だった••?

 

何故過去形なのかと言うとこれらの荷物は預けることなく私と空港まで帯同しているからだ。

 

本来なら出発当日に渡す予定だったのだが、生憎知人が起きることが出来なかったのだ。

 

勘違いしてもらいたくないので書くがこの知人には前日の深夜まで「私寂しいの••」と付き合ってもらっており、さらに翌朝8時頃に荷物を取りに来い!と鬼畜プランを企てていたので完全に私が悪い。

 

むしろ深夜1時頃まで私につき合ってくれ、自分には無関係なのに気力を振り絞って一度朝に目を覚ました男気(二度寝する)に敬意を評したいくらいだ。

 

起きるのは私が逆の立場だったら爆睡だろう思ったのでこの展開は容易に想像出来た。

 

そして一つ思った。

「荷物を預けようとしたという事は、これらの荷物は要らないじゃないか?」

 

本当に必要だったら預けないで持っていくだろう。すなわち、別に無くても困らないということである。

 

この荷物の中の大部分を捨てることにした。

f:id:maetk:20170108064350j:image

  • 持ってきたが殆ど着ていない衣服
  • 地球歩き方
  • 英語の参考書(一度も開いてない)
  • コルセット
  • Gopro関連製品(Gopro本体盗まれる)

 

そして、他にもスーツケース内に入ってた小物も捨てた。

 

少しは軽くなったがまだまだ無駄なものが多い。断捨離とまではいかないが無駄なものや余分を省き最低限で荷物を持ち運べるようしていきたい。

 

結局いつか必要だろうと持ってきたものはそういつかが訪れず使っていない。

むしろ必要になったら現地で買い揃えるくらいの方が荷物に柔軟性が出るので必要以上重い荷物を持運ばなくて済むのではないかと思う。

 

 

 

 

心の声「テメーウクレレも使ってねーし捨てろよ!」

まえだ「いやこれから使ってくんだし。震え声」

 

See you next post...