まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

ワーホリ出発5時間前に気づく「不在の住所に届く郵便物をどうすれば・・!?」解決してみた。

出発5時間前を過ぎたが、パッキングはまだ完了していない。大丈夫だまだ焦るような時間じゃない。どうもまえだです。

長期間不在時の郵便物の対処法

そう言えば、会社の寮を一年間荷物置き場として利用するが、その期間中の郵便物はどうすれば?と出発直前に考え出す始末。

 

f:id:maetk:20160306165939p:plain

そんな人にも日本郵政の転居・転送サービスがおすすめ。旧住所に届く郵便物を新住所に最大1年間転送し続けてくれるというもの。

 

旧住所の会社の寮から実家を新住所に登録することで不在の期間中重要な郵便物が出来ても対応できるようになるという優れたサービス。

welcometown.post.japanpost.jp

インターネット登録もあり、10分もあれば登録出来る。出発5時間前でも登録出来る便利なもの。

 

*このサービスは登録してから適用されるまで数日をようするとのこと。なので、登録して即日適用ではないのは注意が必要

 

このサービス自分みたいなワーホリで不在にするケース以外にも世界一周旅行や新居引っ越しなどの人でも活用できる便利サービスですね。

 

そしてこれが今年日本で書く最後のブログになるであろう。次書く時は、25歳(3月7日誕生日) のオーストラリアの地での投稿となるだろう。

 

25歳の朝飯前ということで1年間の自由な時間を謳歌してやろうと思う。

 

See you next post...