まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

【富士山/御殿場ルート】念願の富士山を日帰り登山の幕開け#1

静岡に移住してから毎年登る登る詐欺詐をしていた山がある。どうもまえだ(@mae_tk1991)です。

 

前回のブログで登山デビューを宣言してから気付いたら一カ月という月日が流れていた。

maetk.hatenablog.com

ブログをさぼっている間も山ガールに出会うため着実に登山装備を充実させていき、前回の反省から登山靴を購入し、他にも登山ザック、ストック、ヘッドライトと揃えていた。

 

 

装備を揃えたのは、一度は登りたい山を制覇するために。

 

その山とは富士山である。

f:id:maetk:20171018213545j:plain

 

 

2014年に静岡に来てから富士山が登れるシーズンになる度に「富士山登ろうぜ!」と意気込んでは結局は登らず、登る登る詐欺を繰り返していた。

 

 

人の足でしか踏み入れることの出来ない絶景をカメラで撮りたい、あわよくば山ガールに出会いたいという純粋な気持ちで今年から本格的に登山デビューをしたことが後押しをし富士登山が現実のものとなってきた。

 富士山登山ルート

装備を揃えて、いよいよ富士登山が現実味を帯びて来た時に、富士登山のルート方法を調べてみると富士山の登山ルートは以下の4ルートあるようだった。

  • 吉田ルート:富士スバルライン5合目
  • 須走ルート:須走口5合目
  • 御殿場ルート:御殿場口新5合目
  • 富士宮ルート:富士宮口5合目

www.fujisan-climb.jp

 

4つのルートを比較すると、御殿場ルートが一番標高差が高く最も距離が長いということで登山利用者も少なく初心者向けではないということであった。

 

そう言った前情報はあったにもかかわらず、登頂するルートは御殿場ルートで行くことに決めた。

 

理由は簡単だ。御殿場ルートだけはマイカー規制がなく、5合目まで自分の車で行くことが出来たからだ。他の3ルートは登山シーズン(7月から9月)は交通規制がされており、登山口からバスやタクシーを利用して5合目まで行く必要があったのだ。

 

今年のお盆は天気が悪く断念していて、週末に弾丸で登ろうと企てていた為、ある程度時間の融通がつきやすいマイカーで5合目までいける御殿場ルートはそれだけで魅力的だったのだ。

 

日帰り登山すべく前日に5合目まで前乗り

登山初心者でなおかつ最長ルートを日帰り登山をするというたださえ無茶な予定を経てていたので早朝からスタート出来る様に前日から御殿場ルートの5合目までに乗り込み車中泊をして翌日に一日かけて登山するというプランを立てた。

 

5合目の駐車場はいくつかあり、私はお盆明けの翌週の週末に行ったが、午後10時頃に到着した段階で登山口に一番近い駐車場は満車であったので、夏休みとかハイシーズンの時期だったら駐車スペースを確保するのにも手こずるかもしれない。

 

今回の登山の前泊に備え、車内に敷ける簡易的なベットシートを購入していたので比較的快適に睡眠を取ることが出来た。

 

翌日の早朝は生憎の雨、そして睡魔に誘われ眠るまえだ。

当初の予定では日が昇り始める早朝早くに余裕を持ったスケジュールで登ろうとしていたのだが、起きてみると雨の音が聞こえ雨も結構降っていた。

 

よし!これで登るのは無理だからとりあえず待機だな!

 

と半ば言い訳のように自分に言い聞かせ二度寝を決め込んだ。

 

8頃に再び目を覚ますと雨も収まり曇り空になっていて登ることは問題なくなっていたので、早速準備を済ませ、出発前に御殿場口新五合目臨時観光案内所で登山届を提出した。

f:id:maetk:20171024230741j:plain

 

雨は止んだが空模様は生憎の曇り空だった。

暑すぎず比較的涼しかったので登山するには最適な気候だったと思う。

 

御殿場口の鳥居をくぐればいよいよ念願の富士登山がスタートするのである。

f:id:maetk:20171024231448j:plain

こうして念願の富士山の大地に足を踏み入れたのである。

 

さあ、ここから本番!と思ったが既に前置きで1500文字近く書いているので次回に持ち越ししたいと思う。

 

次もぜってえ読んでくれよな!

 

See you next post...