読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

まえだニート辞めるってよ!ホテルカナナラでの怒涛のOJTスタート。

前回の記事で仕事をゲットしたと紹介した。今回はゲットした仕事について触れたい。どうもまえだです。
 
 
 
私は現在Hotel Kununurraのパブリックエリアのハウスキーピングをゲットしている。
 
 
仕事をゲットした経緯は、コールズに買い物に行った時、コールズ内のコミュニティ掲示版でHotel Kununurraがハウスキーピングを募集していることを見つけた。
 
 
それなら履歴書でも、出すだけ出してみようとHotel Kununurraの受付に履歴書を出しに行った。
 
 
バッパーに戻って一息着いたところ、Hotel Kununurraから電話がかかってきた。
そして今から来れる?と電話が来て行くとスーパーバイザー?らしき女性に仕事の説明をされて仕事をする運びとなった。
 
 
仕事をゲットするまでの流れは1時間も経ってないない。
完全にタイミングが良かったとしか言えない。
 
 
仕事は、パブリックエリアのハウスキーピングであり、時給は24ドルのTAXジョブである。ハウスキーピングではあるが、クリーニングに近い業務内容である。
 
 
 
オーストラリア来て早二ヶ月、遂に恋い焦がれたタックスジョブをゲットする事が出来た。
 
 
昨日と今日はホテルカナナラでのOJT、On the Job trainingを行った。
 
 
これが、私がパブリックエリアのハウスキーピングをする上で必要な清掃ツールである。
f:id:maetk:20160511173901j:image
 
 

そして、写真のモップでホテルの内のバーや競馬をするTABフロアー、レストランのフロア、トイレなど至るところを水でびちゃびちゃにする。

f:id:maetk:20160511173909j:image

 
 

これは競馬をするTABフロアー。
f:id:maetk:20160511173915j:image

 
 
ここは、ホテル内のバーである。

f:id:maetk:20160511173935j:image
 
昨日今日とニュージランド人の先輩のトムかドム?に仕事を教えてもらった。
 
 
彼は気さくに話してくれ、常に優しく話しかけてくれるナイスガイである。
 
 
そして、この仕事は二人一組とかではなく、一人でやる仕事らしく明日から一人で清掃をする必要があるのである。
 
 
 
仕事自体はさほど疲れることはないが、やる事がとても多く効率よくやらないと時間内に終わらないのである。
 
 
仕事時間は、5時から12時のシフトか6時から1時のシフトを選べる。
また、仕事は一人でやるので30分の休憩時間は好きに選べるが6時間半で仕事を終わらせなければならない。
 
 
明日からは独り立ちなので最低限の仕事を終えたい。明日明後日の仕事を無事成し遂げ首にならないことを祈りたい。
 
 
See you next post...