まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

機材整理もかねてマップカメラの下取り交換を利用するぞ!

カメラ沼に落ちてからずぶすぶと機材にお金をつぎ込みまくった結果、気付いたら機材が増えすぎて防湿庫がカメラで溢れかえっていました。

 

それなら防湿倉庫を買い足せばいいね!って選択肢もあるけど流石に今のペースで機材を買い続けるのは資金的にも無理がある。(物欲は無限なれど手持ちのお金は有限なのである。)

 

カメラの機材が増えると使う機材の使用率に差があり全く使わないで防湿庫の肥やしになっている機材達もちらほらある状況でした。

想い出の沢山つまっている機材もあるが、使わないなら思いきって断捨離もかねて機材整理をとカメラを売ることを決断をしました。

 

カメラやレンズは中古でも製品によっては結構な値段でも売れるので資産にもなるのです。だからカメラに使うお金は無駄ではなく資産分散と言っても過言ではないのだ。

 

カメラ機材を売る方法はヤフオク、メルカリなどを利用して個人売買するか中古カメラを取り扱う店(フジヤカメラ、マップカメラ、カメラのキタムラ)に売る等色々と方法はありますが、今回はマップカメラさんの下取り交換を使用することにしました。

 

使わない機材を売り、新しい機材購入の資金にあてよう作戦なのである。

 

この時点で、機材整理言うてたのに新しいカメラ買うんかーい!って突っ込まれそうですが新しい機材も欲しいの。

だって今月は誕生日だし自分への誕生日プレゼントで新しい機材買っていい気がするんですよね。

 

マップカメラさんの下取りの中にワンプライス買取というものがあり、製品毎に買取金額が確定しているのでどのくらいで売れるかあらかじめ分かるのが良いところ。

(個人売買すればもっとお金にはなる可能性はありますが、時間がかかるのと個人間でのトラブル等が面倒なのでマップカメラさんを利用します。)

 

下取交換について | マップカメラ

 

今回下取りのために手放した機材達はこちら。 

 

  • Sony α7 II ILCE-7M2
  • sel55f18z
  • sel35f28z
  • Nikon D5500 
  • AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II
  • AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G 
  • SP70-300mm/F4-5.6 Di VC USD (Model A030) 


f:id:maetk:20190323091141j:image

ソニーα7Ⅱは初めてのフルサイズデビューした機材(ニコンのD850が出る前でフルサイズの欲しいあまりに気付いたら買ってた)。

sel35f28zはα7Ⅱを買うときに一本は純正レンズをと思い購入しコンパクトなのがとても良かったけど55mmを 買ってからは出番がガクンと下がりました。

そして、55mmは神レンズ過ぎてお気に入りだったので本体をα7Ⅲに更新して24-105Gまで買おうと真剣に考えていたくらい。

 

55mmに24-105Gあれば旅行での機材がコンパクトで良い写真も撮れると考えただけでワクワクものです。

Eマウント持ってる人は55mmは本当にお薦めなので持ってない人は是非買って欲しい。

 

ただ、ここでソニーの機材を買うとニコンのミラーレスを手にする資金が枯渇するので断念。カメラを持つオーナーとして今後を見据えて資金繰りの為に苦渋の決断をするのは企業経営と同じでしょう(多分違う)。

 

f:id:maetk:20190323091209j:image

ニコンD5500は社会人になって一眼デビューした念願のカメラ。

オーストラリアのワーホリ中はこのカメラが大活躍。

そんな想い出が詰まったカメラだけどフルサイズ機買ってからは防湿庫に置いて持ち出す機会もなくなったので今回売ることに。

ミラーレスじゃなくて一眼レフカメラデビューしたい!って人の入門機にはおすすめのカメラです。

 

売ると決めたらマップカメラのワンプライス買い取りで対象の製品を選択していく。

 

上記機材を売ると20万ちょいくらいのお金になりました。
f:id:maetk:20190323093929j:image

マップカメラの下取り交換を利用すると機材を売って現金で口座に振り込んでもらうより、査定額から少し割り増しで金額が上がります。

 

一つ嬉しい誤算は売ると決めてから一週間くらい様子を見ていたら(面倒くさくて手続きしてなかった)買おうとしていたZ6が値下がり、ソニーのレンズの買取額が値上がりしたおかげで支払う金額がぐっと下がったのである。

ソニーのレンズが値上がったのは、CP+でソニーのEマウントが使えるニコンのZマウントアダプターが出たのが影響してそう。


f:id:maetk:20190323094235j:image

おかげで2万5千円くらいお得になった。

売るタイミングを見極めないと逆に損をする可能性もあるのは気をつけたいところ。

 

購入手続きする時に下取り品を送る梱包キットを選択すると自宅に段ボールと緩衝材が送られてくる。

f:id:maetk:20190323094544j:image
カメラ買ったときの箱は勿体なくて捨てられなくて押入れのスペースを占拠していたので一緒に発送。


f:id:maetk:20190323094657j:image

精密機器なので運送中の衝撃で壊れたら売れなくなるのでしっかり緩衝材を入れておく。

箱の中には買取金額upのクーポン(マップカメラで買い物すると付いてくるシール)と注文番号をメモ書きした紙と身分証明(住民票や免許証等)を同封して発送。

 

発送した翌日にはマップカメラから下取り結果の連絡が来ました。

迷惑メールフォルダに入ってて気付くのか1日遅れたので連絡来ないって人は迷惑フォルダも要チェックだ!

 

各下取り品の金額に問題なければ了承ボタンを選択して取引確定することで商品発送の流れになります。
f:id:maetk:20190323095314j:image

取引確定後の翌日には無事目当てのニコンZ6が到着しました(仕事が早いぜ、マップカメラさん!)


f:id:maetk:20190323094521j:image

 

新しい機材を買いたい、そして機材整理もしたいという人には下取り交換サービスを活用するのは良いですよ!

下取り交換でお得に機材購入するためにまた機材を買い漁りたいと思います(๑´ڡ`๑)