読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

ノープランで来たアリススプリングスを旅行してみた。

事前情報ゼロでアリススプリングスを観光してきました。どうもまえだ(@mae_tk1991)です。

 

私は今ウルルに観光すべく、ウルルから一番近くにあるアリススプリングスに滞在している。

 

そんなアリススプリングスに来る前は名前しか知らない状態で乗り込んだ私がアリススプリングスをプラプラしたのでブログに綴ろうと思う。

 

アリススプリングスはオーストラリアのほぼ中央に位置する人口2万五千人ほどの町。この地で泉を見つけたお偉いさんが奥さんの名前アリスをとって「アリスの泉⇒アリススプリングス」と名づけたのが町の始まりだ。(地球の歩き方オーストラリア15'16)

 

今回私がアリススプリングスで観光したところは大きく分けて二つ。

 

アンザックヒル

ダウンタウンの北の外れにある小高い丘。頂上の展望台には戦争記念碑War Memorialが建てられており、アンザックヒルからアリススプリングスの街並みを一望できる。

 

f:id:maetk:20160910181344j:plain

f:id:maetk:20160910192906j:image

サンセットの時間に合わせて観光にいくのもあり。

f:id:maetk:20160910192913j:image 

デザートパーク

アリススプリングス市内から車で10分ほどの場所にある自然公園。

f:id:maetk:20160910192949j:image

入場料は大人32ドル。市内からデザートパークまでシャトルバスのサービスがあったのでそれを利用して今回は訪れた。

 

送迎費を含めて37ドルであった。

シャトルバス以外にもパブリックバスでデザートパーク近くまで行く方法もあるが片道3ドルかつ停車位置から少し歩くことになるのでシャトルバスサービスを使った方が良いだろう。

オーストラリアと言えばカンガルー。 f:id:maetk:20160910193021j:image

そして鳥も沢山いる。

f:id:maetk:20160910193034j:image

人に慣れてるのかみんな逃げないから写真撮りやすい。

f:id:maetk:20160910193027j:image

そしてデザートパークで一番良かったのはFree Flying Bird Show。

 

スタッフのお兄さんが沢山の鳥を紹介してくれるよ。

f:id:maetk:20160910193107j:image

鳥達はデザートパーク内からいきなり出てくるのだが、調教どうやったんだろう?って凄い気になった。

f:id:maetk:20160910193118j:image

飛んでる鳥を写真で捉えるのがなかなか難しくその中でも何とか写真を捉えたながこの子達。

f:id:maetk:20160910193138j:image

デザートパークは行って楽しかったには楽しかったけど入場料を考慮するとちょっと微妙かもしれない。

動物園並みに動物がうじゃうじゃ居るわけでもなく、デザートパークという名前だからと言って砂漠のような公園でもなく自然自体もオーストラリアでよく見る風景となんら変わりはなかった。

 

アリススプリングスに来てお金と時間に余裕がある場合は訪れるのは良いが、絶対ここは逃すべきではない場所とまでは言えないのが率直な感想である。 

 

しかし毎時間Free Flying Bird Showを初めとしたプレゼンテーションやアクティビティーなどもあったりする点は良かったのではないだろうか。半日あればデザートパークはあらかたまわれるのではないだろうか。

 

最後に

アリススプリングスは今回3泊したが、旅行目的の場合だったら2泊ないし1泊で十分と感じた。

このアリススプリングスはワーホリで来る人達にとって出稼ぎの町としても有名で一時期は仕事の候補地としても考えていたので実際に町の雰囲気を見ることが出来て満足。何かしらの産業に特化している地域(アリススプリングスでは観光)でなおかつ地方であると都会で仕事を探すよりもワーホリで来る人達にとっては稼げるチャンスなんだと思う。

ちなみに、下の写真はホステルのレセプションにあったアリススプリングスで出来ることをまとめてあるボード。

f:id:maetk:20160910193207j:image

さぁ、明日からはメインのウルル観光!

f:id:maetk:20160910193145j:image 

See you next post...