読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

他人事ではないぞ!オーストラリアバッパーで殺傷事件。

オーストラリア 情報

カナナラライフも5ヶ月以上過ぎ住み慣れた場所になって危機感もだいぶ薄れてきている。とどうもまえだ(@mae_tk1991)です。

 

Twitterでたまたまタイムラインで流れてきたあるオーストラリアで起こったニュースに目が留まった。

 

そのニュースとは以下の通りである。

 

●オーストラリアQLD州、パックパッカー刺殺事件

Queensland backpackers' killing: Police probe 'Allahu akbar' link in stabbing death of Mia Ayliffe-Chung - ABC News (Australian Broadcasting Corporation)

 

事件の内容は、8月23日の夜、QLD州にあるバックパッカーで英人女性がフランス人男に刺し殺されるという事件だ。

この事件はバッパーと私の住んでいる同じ宿泊施設だったので他人事には思えなかった。


あー怖いなーとそんな呑気に思っていた。


しかし、話はそれだけでなかった。

どうやらこの容疑者が私の泊まっているバッパーにも滞在していたのた。


Σ(゚Д゚)えっ?


しかも私が滞在している4月にもいたらしい。

私自身は交流じたいはなく面識がなかったが、友達の何人かは実際その人と友達だったらしい。


いつなん時自分がこのような事件に巻き込まれることもあるかもしれないとより身近に感じられ少し背筋がゾッとした。警戒のアンテナは常に張り続けてることにこしたことはないのだろう。


具体的にどうすればいいのだろうか?

  • 夜の出歩きは極力控える。
  • 不審、危ないと感じたら近づかない。
  • 異国だということを意識して行動する。
など挙げられるが、実際事件に巻き込まれた時に冷静に対処出来るのだろうか?

危ないことになりそうなことは避け事前に起こりうる可能性を下げることは出来るかもしれない。


海外にいるなら特に「自分の身を守るのは自分自身。全ての行動は自己責任」というのを肝に免じる必要がある。


海外でワーホリ中の皆さんも自分で身の安全を守って楽しいワーホリ生活を過ごしましょう。

f:id:maetk:20160826215234j:plain

See you next post...