読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

まえだタイ料理パッタイを学ぶ。

料理 ライフスタイル

カナナラに来てから成長したことがあるスキルがある。それが自炊だ!どうもまえだ(@mae_tk1991)です。

 

物価の高いと言われるオーストラリアだと外食三昧とはいかず、必然的に自炊をしようという道に行きつくのではないだろうか。

 

先日友人のT子さんがタイ人のティナにパッタイを教えてとお願いしているところに私も偶然居合わせていたこともあり私も教えをこうことになった。

 

パッタイタイ語ผัดไทย)とは、タイで作られる焼きそばのことである。米粉でできたやや太めのビーフンを使用して作る。パッは「炒める」、タイはタイ王国のこと。Wiki

 

パッタイとは簡単に言うとタイの焼きそばである。

そして、翌日コールズにパッタイの食材を購入し作ることにした。

 

パッタイに必要となる食材は以下の通りである。

  • Thai-Style ヌードル
  • 玉ねぎ
  • 長ネギ
  • ガーリック
  • シーフード(チキン or ビーフ)
  • 黒醤油
  • フィッシュソース
  • 砂糖

好みによって、シーフードにするのかチキン・ビーフを使うとのことで今回はシーフード風のパッタイを作ることにした。

 

早速料理に入ることにしよう。

 

f:id:maetk:20160806195353j:plain

まず買ってきたヌードルを水に浸す。

f:id:maetk:20160806195335j:plain

水に浸す時間は4時間くらい浸すと柔らかくなるので長く浸すのが良いとのこと。

今回は時間がなかったので1時間程度浸した。

 

次に、長ネギ、玉ねぎ、ガーリックの食材を切る。

f:id:maetk:20160806195400j:plain

食材が切り終わったら、玉ねぎとガーリックを炒めた後、シーフードを投入し引き続き炒める。

f:id:maetk:20160806195738j:plain

 

食材を充分に炒めたら満を持してヌードルを投入する。

f:id:maetk:20160806195854j:plain

 

ここで味付け段階に突入する。

黒醤油とフィッシュソース・砂糖で味を整えていく。

f:id:maetk:20160806195826j:plain

この時、麺が硬い場合は水を入れほぐし、最後に長ネギを入れたら・・・

 

 

 

はい!完成!!

f:id:maetk:20160806195821j:plain

 

簡単でしょ?

 

 

ちなみに、私が満を持してパッタイを作ったら、ティナ先生に「あなた、食材をちゃんと炒めきる前にヌードル入れたでしょ?それじゃだめよ!くびよ!くび!」と一回目の挑戦で戦力外通告を通達されてしまった。

 

 

そして更に、この美味しそうなパッタイの写真は私が作成したものではなく友人T子さんが作成したパッタイであるというのはここだけの話だ。

 

料理の道は険しいのである。

 

料理人まえだの道は続く・・・

 

See you next post...