読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

地球最後の秘境!世界遺産バングルバングルを訪れて

オーストラリア カナナラ 旅行

オーストラリアには国立公園が多くあるので訪れる機会が多々ある。どうもまえだ(@mae_tk1991)です。

 

オーストラリアに来てから、ダーウィン近くのカカドゥ国立公園、カナナラ市内から歩いて行けるミリマ国立公園には観光済みだ。

 

maetk.hatenablog.com

maetk.hatenablog.com

 

そして今回訪れることになったのは、パヌルル国立公園(Purnululu NP)である。

 

キンバリー(西オーストラリア州を9つに分けた地域区分の1つ)観光の目玉がバングルバングル。ホールズクリークとカナナラの間、グレートノーザン・ハイウェイからオフロードを60㎞ほど入ったパヌルル国立公園の一部で、砂岩室の岩山が幾多にも折り重なる山脈だ。今から3億5000万年前に山脈西部から流れだした堆積した砂岩が隆起し、その後2000万年に及ぶ雨風の浸食によって造り上げられたと言われる。(地球の歩き方2015-16) 

 

ワーホリでカナナラを訪れるまではバングルバングルの存在など知らなかったが、せっかく仕事を求めて田舎まで出向いたからこそ観光するチャンスとなった。こういう何気ない旅のチャンスもワーホリの魅力の1つではないだろうか。

 

そして今回バングルバングルを始めとした見どころの多くあるパヌルル国立公園を観光してきたのでその見どころを写真とともにお伝えしたいと思う。ちなみに観光したのは1ヵ月前であるが、ブログに書くのが面倒パヌルル国立公園の魅力がありすぎて時間がかかってしまった。

 

 

今回友達が旅行に行く予定を立てていたところに、直前で仕事の休みが重なり飛び入り参加をしたため、何処を観光したのかは定かではない。さながらツアーに参加した気分で快適であった。こればっかりは事前準備をした友達に感謝しきれない。

 

最初に訪れた場所はさながら冒険のような道。

f:id:maetk:20160808115302j:plain

この道歩いている時、脳内にインディージョンズのBGMが流れ凄いマッチした。

f:id:maetk:20160808114903j:plain

 

次の場所では、さながら竜が住んでいるのではないかと想像させられる洞窟、そう竜の洞窟といっても過言ではない場所に訪れた。

 

道中恐竜が出てきそうな自然の風景に忘れかけていた少年心がくすぶられる。

f:id:maetk:20160808122518j:plain

 そして、この奥の穴に何かとてつもない魔物が住んでそうな気配さえある。

f:id:maetk:20160808122409j:plain

ちなみにここで写真を撮ると凄く絵になる。

 f:id:maetk:20160808130244j:image

 

今回は週末休みを利用して1泊2日で来たので、夜はキャンプ場で寝泊まり。

キャンプ場近くから、スタッフがお勧めのサンセットスポットを教えてくれたのでサンセットを見に。

 

サンセットの逆側の景色も見応えのある景色。

f:id:maetk:20160808121331j:plain

こちらがサンセット写真。

f:id:maetk:20160808124344j:plain

そしてキャンプ場から星空が見え、初の星空撮影に挑戦。


f:id:maetk:20160808130522j:image

星空撮影は凄く難しい。今後練習が必要だし次はもっと綺麗に撮影したい。

 

2日目は像の鼻に見えるエレファントロック。

f:id:maetk:20160808124434j:plain

 

そして、最後にバングルバングルを観光し、バングルバングル内にある有名な洞窟も観光。

f:id:maetk:20160808123728j:plain

写真撮るのは好きだけど、撮られるときどういう表情すればいいのか分からなくて少し照れくさいので苦手だったりするそんな私である。

f:id:maetk:20160808123629j:plain

最後は記念の集合写真。

f:id:maetk:20160808123648j:plain

 

 

今回カナナラ市内で4WDをレンタルし、食べ物、滞在費などを含めて一人当たり200ドル以内に抑えることが出来、観光出来コストパフォーマンスもとても良かった。友達を5人集めて観光に行くと楽しくなおかつ良心的な値段で観光できるので是非カナナラにお立ち寄りの際はパヌルル国立公園に訪れてみてはいかがだろうか?

 

注意してほしいのは、宿泊する際はバングルバングル内では食事の出来るところとシャワーがないので事前に食料を持っていき、汗拭きタオル等持って対策してほしい。

 

ブログを書きながら写真を眺めたりするとその時の楽しかった思い出も蘇るのでこれもまた写真の良さなのかなと再認識したりもした。 

 

まえだと国立公園切っても切れない間柄になりつつ我々の関係は今後も続くのだろうか・・・?こうご期待である。

カナナラから車で行けるその他の周辺観光地