読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

挫折しかけたタックスリターンを先人の知恵を借りて申請してみた。

オーストラリアのワーホリをしている人には関心毎の一つがタックスリターンではないだろうか?どうもまえだです。

 

私も幸い今年の5月から念願のタックジョブ(ハウスキーピングとファーム)をゲットして、適用期間の6月末迄の2ヶ月間のタックスを払っていたので今回申請することにした。

 

f:id:maetk:20160724212704p:plain

 

6月頃になると職場の同僚もタックスバックの話をしていて、Elodgeというサイトを教えてもらった。申請するタックスバックの金額でサイトに払う申請料の手数料が異なるらしく最安値は19ドルということらしい。

 

ちなみに同僚はタックスバックは約3000ドルで約40ドルの申請料をチャージされたらしい。

www.elodge.com.au

 

このサイトはオールイングリッシュで最初は、英語のサイトの方が英語の勉強にもなるしお金も返ってくるし一石二鳥だ!と思い意気揚々に申請に取り掛かった。

 

専門的な単語も多く内容も専門的な質問もあったので、どう答えるのが適当か分からず開始10分で行き詰まってしまった。

 

同僚にこのサイトを紹介してもらう前に事前に自分でもタックスリターンを依頼する会社は目星を付けていた。

 

こちらのブログを見つけていたので、タックスリターンに行き詰っても最悪なんとなると策は立てていた。

maeharakazuhiro.com

 

はい、完全に先人が導いてくれるイージーモードの申請手順である。

このブログを見れば誰が見ても分かりやすく回答出来る様に解説してある。

 

とてもとても便利で涙が出そうになる。

本当にワーホリをくぐり抜けた先人の方々が残してくれた情報と言うのは時として非常に貴重なものであると感謝をせざる得ない。

 

そして今回私が申請する際に提出するペイサマリーがこちら。

ハウスキーピング

f:id:maetk:20160724213620p:plain

ファーム

f:id:maetk:20160724213413p:plain

 

 

ハウスキーピングの税金は微々たるものだが、ファームの税金は$1,045いっていて合わせると$1,225である。この金額があれば一カ月半近くの生活費が賄えその間の給料は全部貯金できるから何としても回収したかった。

 

そう回収したかった。

 

 

 

f:id:maetk:20160724214045p:plain

 

そしてブログの手順通り申請した。私が申請した日は2016年7月15日の金曜日である。

そして一週間後の22日金曜日口座をたまたま確認すると・・・

 

 

f:id:maetk:20160724214708p:plain

 

 

 

 

おや?

 

 

 

 

 

f:id:maetk:20160724215257p:plain

Yessssssssssssssssssssssssssssssssssss!!!

 

2週間くらいかかるかなと予想していたが、まさか1週間で振り込まれるとは思わなかった。だいたい2週間くらいで返ってくるケースが多いのではないだろうか。

 

また今回はEsy Taxで申請した手数料68ドルは来年のタックスリターンで経費として計上できるらしい。

これからオーストラリアにワーホリに来る人は、ファームや仕事で必要となるアイテムを購入した場合レシートを取って置くことをお勧めする。経費として帰ってくる可能性があるからだ。

 

 

めんどくさいと億劫にならず貰えるものは是非皆さんも申請して、タックスバックの喜びを味わってもらいたい。

 

タックスリターン代理申請エージェント

●ヨーロピアンの友達が多く使っていた。友達曰くカスタマーサービスも良いとのこと。

www.elodge.com.au

●今回私が申請利用したサイト。日本語対応

ezytaxonline.com.au

●韓国の友達が教えてくれたサイト。こちらもの日本語対応。

www.yonseitax.com.au

 

See you next post...