読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

社会人になってから趣味(カメラ関連)に費やしたお金の内訳をざっくり振り返ってみることにした。*長編

Hello~皆さん!

どうもまえだです。

 

今日の本題に関連しますが、皆さんの趣味は何ですか!?

私は数年前からコンデジで写真撮影をちょくちょくしていて、写真を撮ることがもともと好きであった。そんな私の趣味の一つがカメラなのだが、昨年の夏に一眼レフを買ってからさらにのめり込んでいて実際どのくらい趣味(カメラ関連)に使ってるのか現状把握をしようと思い、社会人になってから趣味に費やしたお金をざっくり振り返ってみることにしてみる。(*ちなみに長文)

f:id:maetk:20160218162532j:plain

GoPro

2014年の6月頃に初のボーナスで買ったアクションカメラ。

当時のGoproは、芸人の出川がリアクション芸をする際に採用されていた小型のアクションカメラとしても有名であり、テレビにも使われるほど高画質の4Kで持ち運びしやすい画期的なカメラとして話題騒然だったと思います。

 

当時の流行にもれなく惹かれた私は、用途とかはあまり考えずただ欲しいというファッション感覚でなけなしのボーナスから購入。そのおかげで、ほとんどこのGoproを使いこなさず、今は埃を被っている状態。実際に撮れる画質のクオリティはうたい文句に違わない見事なもの。

 

宝の持ち腐れ状態となっている要因としては、

  • GoPro Hero3+は液晶がなくどのように撮れているかその場では分かりずらい。
  • バッテリーの持ちが悪いため、すぐ電池切れになってしまう。
  • GoProを使って何をしたいのかが明確ではなかった。
  • 動画編集が手間+こういう動画を作りたいとういうものがなかった。動画の構成の仕方や編集スキルそのものもの皆無であった。
  • ただただGoProという流行りの機器持っている自分に酔いたかった。

などの理由が分析される。

 

しかし、これからワーホリでオーストラリアに行くことになるので、写真だけの記録だけでなく、動画としても何か残していきたいと強く思う。それに2015年のある時期に編集に憧れて衝動買いした編集ソフト「VideoStudio PRO X7(約1万円)」も同様に買って満足状態なので、この宝の持ち腐れの「GoPro(ビデオカメラ)+VideoStudio(編集ソフト)」ダイヤの原石コンビを活用してやろうじゃないか。

 

 GoPro関連金額内訳

GoPro HERO3+ ブラックエディションアドベンチャー

購入時期:2014年6月頃

価格:約4万5千円(レシートが見つからなかったため、うる憶えの金額)

一言コメント:GoProの存在を知って堪らなく欲しくなり購入。色々付いているセットをヨドバシ店員さんにおすすめされ促されるままに購入。

www.amazon.co.jp

サンディスク micro SDHC メモリーカード 32GB +SDへの変換アダプター

購入時期:2014年6月頃

価格:5,700円+500円

一言コメント:GoProの記録媒体用のSDカードは必要不可欠。またGoProのメモリカードサイズではPCなどで読み込めないのでSDへの変換アダプターも同時購入。

www.amazon.co.jp

GoPro用Wifiリモート付き一脚

購入時期:2014年6月頃

価格:約5千円

一言コメント:GoProを購入した時に同時購入。良くあるGoPro動画は一脚からの風景が多いので迷わず購入。ちなみに人や風景を撮るのは好きだが、自分自身を撮るのは苦手なため一脚と私の相性は×。今のところあって良かったと思う場面はない

www.amazon.co.jp

チェストマウント ハーネス GCHM30

購入時期:2015年1月頃

価格:約6千円

一言コメント:当時、ちょうどスキーに行く予定があったり、以前自撮り棒でのスノボー中の撮影が上手く撮れなかったため臨場感を撮ることを期待して購入。しかし、初心者のスキー技術では臨場感は皆無で身体の上体の状態が不安定なため動画はブレぶれ。

www.amazon.co.jp 

回転式クリップマウント

購入時期:2015年4,5月頃

価格:約2,000円

一言コメント:バックに気軽に取り付けられとても便利。しかし付けながら撮影すると動画がぶれてしまう。撮影者の問題か!?安定した撮り方を模索する必要はある。

www.amazon.co.jp

Smatree Gopro Hero3+ 充電器+予備バッテリー×2など 

購入時期:2016年2月17日

価格:3,580円

一言コメント:GoProを使ってて一番ネックになるのが電池の持ち。非純正品のGoPro用バッテリー。純正品のバッテリー(1個)と充電器を揃えるとなると7000円近くかかりこちらの製品だと半額近くの値段でバッテリーもさらにもう1個つきその他にもアダプターなども付くお得な製品。休職しお金も節約が必要なの状況ではとてもありがたい。*純正品ではないので不具合が起きた場合は自己責任だが、他の非純正品バッテリーのなかでもこちらの正品は評判も良くこの製品を購入。

www.amazon.co.jp

 REC MOUNTS ホットシューマウント

購入時期:2016年2月18日

価格:1,710円

一言コメント:GoProに装着し、一眼のストロボ部分に装着できる製品。GoPro動画を撮影しててよく撮影内の動画のブレを起こしていたので、この製品を使い一眼の上にGoProを取り付け三脚で撮影することで安定した動画撮影が可能になる…はず。

www.amazon.co.jp

コンパクトデジカメ

 さて、お次はコンパクトデジタルカメラ。就職する前に、富士フィルムの FUJIFILM XF1 [ブラウン](約4万円)を購入し使用していたが、社会人になってからレンズの不具合でズーム機能が機能停止し、修理するのに3万円近くかからると言われ新しいのを購入。

Sonny Cyber-shot RX100

購入時期:2015年5月22日

価格:37,080円

一言コメント:コンデジを買うなら高級コンデジ(*センサーが大型で「1/1.7型」以上のセンサーを搭載したカメラ)という謎のこだわりで購入したのが、ソニーサイバーショット。安いデジカメを買うとiphoneなどの携帯カメラの画質と大差ないしので、携帯のカメラと差別化する意味でコンデジを買うなら少し高くても高級コンデジを購入。

www.amazon.co.jp

 

購入当時3年前(2012年6月)に発売されてたにもかかわらず、他社の高級コンデジにも通用するスペックを持ち画質は申し分ない。しかし、長崎旅行で稲佐山で夜景撮影してるところ不注意で地面に落とし新品のフレームが傷つき心もほんのり傷つく。私は、カメラ機材含め扱いは雑だが、傷つくとめっちゃ落ち込むたちなので、もっと扱いを大事にし、例え傷をつけてもそれも思い出の一つの勲章と切り替えられるようになりたい…。

 SanDisk Extreme PLUS  SDHCカード 32GB

購入時期:2015年5月22日

価格:8,388円

一言コメント:カメラと同時に購入。Amazonの価格を見てみると購入した金額よりだいぶ安い価格でネットで買った方が安いな~とネット通販の偉大さを実感。最近はちょくちょくカメラ製品を購入するのにAmazonを活用したりもしている。でも、アナログタイプの私は店頭で見て購入する手で触って確かめることも大切にしたい。

www.amazon.co.jp

マンフロットミニ三脚

購入時期:2015年5月22日

価格:2,830円

一言コメント:コンデジで動画撮影も考えていたので手持ちの三脚も同時購入。このミニ三脚は軽く持ち運びも楽なので今でも重宝している。

www.amazon.co.jp

一眼レフカメラ

いよいよ一番お金を使って今まさにのめりこんでいる一眼レフ。私は一眼レフ関連のアイテムは欲しいと思うと我慢できず衝動買いしてしまいがちなため、まえださんの財布事情を圧迫している反面、カメラライフをとても楽しめている諸刃の剣。

カメラが好きな人は一度は憧れるであろう一眼レフカメラ。私は、一眼レフを撮影してるいる人のコンデジにはない写真を撮っているぞ感!に強い憧れを頂く。そして、社会人2年目の夏のボーナスが入ったので一眼レフの世界に踏み込むことを決意。

 

Nikon D5500 ダブルレンズズームキッド

購入時期:2015年7月26日

価格:118,660円

一言コメント:APS‐Cサイズセンサーを搭載したカメラ。エントリー機の位置づけとして一眼レフでは最小最軽量ボディ。上級モデルを超える機能を持った本格的入門機。

www.amazon.co.jp

 

一眼レフを購入する上で、悩んだのが何処のメーカーにするかフルサイズにするのかAPS-Cにするのかの2点。

 

デジタル一眼の市場シェアでは、CanonNikonが2015年の販売見込みシェアにおいても2社で過半数以上のシェアを占める2強の状態。この上記メーカーはレンズの数も多いということもあり、この2社でどちらを買うか悩みました。調べていくと2社にそこまでの違いはないがCanonは人物に強く、Nikonは風景に強いという特徴があることもあり、旅行の風景を撮りたいと考えていたのもあり、メーカーについては、Nikonのデジタル一眼を中心に探すことに。

 

また、デジタル一眼にはフルサイズとAPS‐Cに分類される。フルサイズは画質と感度を優先させた分、カメラは大きく重くなり、高価なものも多い。逆にAPS-Cサイズはコンパクトで小さい分、フルサイズに比べると画質や感度が劣る。というどちらにも長所・短所があるようだ。

 

フルサイズの方が画質もいいと聞き、少しでもいいものを求めたいと考えてフルサイズを見たのだが、持った時の重さや価格面でネックになった。そんなところにD5500を発見し、持ってみたところ他のカメラにはない最小の軽さや性能的にも入門機でありながらスペックも決して低くない魅力そしてデザインを見た時の一目ぼれもあり、少し悩みはしたけどほぼ即決で購入。

 

フルサイズに憧れこそあったが、そもそも高級コンデジを使用していながらオート撮影でマニュアル何それ!?ISO!?絞り値!?状態だったため、自分の腕を磨かないと宝の持ち腐れになるなと思い、まずは自分の技術を磨いて、それでも欲しければいつかは買おうと気持ちを切り替えることにする。

 

その他の一眼レフカメラの関連商品は以下の通りです。

サンディスクエクストリームプロSDXC UHS-I 64GB

購入時期:2015年7月26日

価格:12,474円

一言コメント:カメラを購入したら必要になるSDカード。64Gのものを購入。アマゾンの価格見ると、自分の購入金額と比較して、大体2割引き近く安く販売されてることを見ると買い物下手だなと思う(絶望 情報社会で情弱のままではダメだと痛感。

www.amazon.co.jp

 マルミ光機 exus 52mm レンズ

価格:3,672円

一言コメント:D5500の標準レンズのレンズを保護する保護フィルター。レンズを傷つくのを防ぐため買うべき。

 マルミ光機 exus 58mm レンズ

価格:4,032円

一言コメント:D5500の望遠のレンズを保護する保護フィルター。

ケンコーNEW クリーナー8set

価格:1,510円

一言コメント:一眼レフを手入れするためのクリーナーセット。より長く愛用するためにも日頃の手入れは不可欠。

 

ニコン AF-S DX NIKKOR

購入時期:2016年1月11日

価格:29,700円

一言コメント:標準レンズ・望遠レンズのレンズキッドから初めて、単焦点レンズを購入。フルサイズ用とも悩んだが、お金の面でAPS‐Cサイズ用を購入。単焦点は比較的安いので購入しやすめ。フルサイズの購入を視野に入れるのなら、次からのレンズはフルサイズ用で揃えるのも検討せねば。

 マルミ光機 exus 52mm レンズ

価格:3,335円

一言コメント:単焦点レンズを保護する保護フィルター。

SLIK スリック エイブル 300

価格:13,770円

一言コメント:夜景など本格的に挑戦すべき3脚を購入。7千円くらいで買えないかと甘く見ていたが、安定した撮影をするためにはそこそこの三脚が必要と知り購入。

ニコンMCDC2

価格:2,440円

一言コメント:夜景を撮るのに必要なレリーズも同時購入。

 

Nikon Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL14a

購入時期:2月3日

価格:3,790円

一言コメント:カメラ撮影でいろいろ設定をいじったり、液晶撮影などすると電池消費もはげしく予備のばってりも欲しいと思い購入。予備バッテリーもあると撮影も安心。

サンディスク SDSDXPA-032G-J

購入時期:2016年2月13日

価格:8,780円

一言コメント:先日、予備のSDカードも欲しいなと思い購入。お金使いすぎたのとSDカードはネット通販で抑えれるなとようやく勉強する。(涙

 ニコン HB69

価格:1,620円

一言コメント:レンズに装着するレンズフード。これがあると写真にたまに映り込むゴーストを防ぐ効果なども期待が持てるため標準レンズ用に購入。

ハクバ KCS-39-400BK

価格:1,980円

一言コメント:カメラは精密機械と言われているが、今まで普通のバックにカメラジャケットをつけて入れていただけなので、普通のバックもカメラバックとして使えるように購入したインナーケース。

ケンコー 58S  PRO1D C-PL

購入時期:2016年2月13日

価格:5,830円

ケンコー 58S PRO1D プロN 

価格:3,250円

マルミ光機 ML52-58 ×2

価格:858円

一言コメント:レンズフード・予備SDカード・インナーケース目当てで、ヨドバシに行った時に、減光フィルターを見ようと軽い気持ちで足を運び、店員さんの話を聞いていたら、気づいたら偏光フィルターも購入していたという罠(白目 最初は単焦点と標準レンズに合う52㎜のフィルタを買おうとしていたが、それだと望遠レンズの58㎜には合わなくて58㎜用も買うと出費がかさむとの店員さんのご指摘。そこで、望遠のフィルターサイズを買いフィルター変換を買って全てのレンズに装着できるというアドバイスをもらい変換レンズプロテクトも購入。

 

HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 

購入時期:2016年2月18日

価格:1,600円

一言コメント:外で撮影した時に、たまにレンズ汚れが気になることもあり、手軽にその場で綺麗にできるというレンズペンを購入。

www.amazon.co.jp

 

今までの出費を振り返るいい機会だと、軽い気持ちでこの記事を書いてみたのはいいが、まさか6千文字以上の大作になるとは(白目

カメラ関連の内訳ですが、ここに書いた以外のものも多少ありますが、社会人になってから費やした金額は以下となる。

 

 

 

 

 

 

 

合計:335,089円

 

社会人2年目で趣味(カメラ関連)に使った金額で小物なども含めると35万円くらいはいってそう。もし、フルサイズ機の世界に足を踏み込んだら100万円消費するのも夢じゃない。(白目)

これからは休職するので、カメラ関連の出費はしばらく打ち止めで自分の技術を磨くことに専念していきたい。

35万という金額は個人的には大金だが、その分楽しめて満足しているのでこれからも出費は止まらなそう

 

f:id:maetk:20160218162554j:plain

先ほどジムに行った際、ランニグマシンをしながら見たとんねるずの番組内で芸人の日村は「○○を買う」シリーズの金額で2千万以上総額で使っているらしい。

なんか自分の消費が可愛く思えてくる不思議。

 

More to Come!