読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえだのくせに生意気だっ!

「まえだ」という一人の男のサクセスストーリーを日々淡々と綴っていく、そんなブログ。

この先1年間の時間(自由)を約60万円で手に入れてみることにした。

ライフスタイル ワーキングホリデー お金 休職ギャップイヤー

Hello!皆さん!

どうも前田です。 

ちまたではインフルエンザが流行しているみたいですが、
私も風邪に悩まされてダウン気味。


そのため、現在は漢方薬をこまめに飲んでいる。まさに役漬け

最近では、現役時代のプレーを見たこともある清原選手の薬物所持・逮捕報道のニュースを見た時には、衝撃を受けた。
人間って本来は弱い生き物で、なにかのはずみで誤った方向に道を踏み外してしまうのではないかと考えさせらる。

 

では、早速今回のブログの本題に移ろう。

ワーホリ準備のため、休職中に会社へ支払う税金の預け金の降込み

f:id:maetk:20160206222737j:plain

このブログでも少し触れたことがあるが、オーストラリアでのワーホリに挑戦すべく現在会社で休職手続きをしている。

今週は、休職の期間中に会社に支払うべき厚生年金などを含めた税金を預け金として会社へ降込んだ。休職中会社の寮は荷物置き場としても利用するので、税金+寮費で約60万円近くを預け金として預けた。

 

これで、年末から行く行く詐欺になりかけているが、ようやく休職してワーホリに挑戦することが現実味を帯びてきている。つまり今月の中旬には晴れて休職中のニートと社会的地位を格下げ出来る

 

パッと見60万という金額を見てうわっ!?こんなに払うのかよ~とか案外安いな~とか皆さんはどう感じられるんだろうか。

独立している個人事業主さんとは違って、サラリーマンをしていると会社側が年金を払ってくれることが大半なので、実際に自分がどのくらい年間年金を払ってるとか分からない人もいたりするんじゃないかなと思う(自分だけかもしれないが…)。

 

60万円で一年間という時間を手に入れれるとしたらアナタは安いと思う?

まぁ、あくまで休職中に支払う税金の預け金として上記金額です。
それに、休職中の一年間分の給料・賞与は当然入らないし、ワーホリの準備(ビザ取得・航空券・海外保険・現地滞在費など)などでもっとお金を使うので純粋に60万で1年の自由な時間というわけではない。

 新車を買った!というくらいの出費だという気持ちで、一年間楽しみながら精進したい。

 

本来、就職して社会人になってから、ワーホリに挑戦しようとすると会社を辞めなければ行けないのがほとんどだろう。そうした中、自分の会社の席を60万でキープしてもらえるのは、帰国後に仕事を探さなきゃという心配をせずにワーホリに集中出来るので非常に恵まれてるなとも思う。

 

30歳を超えると、ワーホリというビザステータスを入手することは出来なくなるので身軽なうちに多様な経験を積みたいし、会社の外の世界を見て価値観をさらに広げて少しでも人としてパワーアップ出来たらなという想いもある。

こういった機会って運とか巡り合わせ、まさにタイミングなのかなとも思う。タイミングを見逃さずより豊かな人生にしていきたい!
その第一歩としてワールドワイドフリーターとして活躍します

www.youtube.com

 

Forward it decides there is only!(決めたなら前進あるのみ)  

 

 _______________________________________

 

P.S.今回のブログから、ブログをより見やすくするためにコードを使ってみた。文章中に見出しをつけることで、何が言いたいのか分かりやすくなったのではないだろうか。ちなみに、ゆきひーさんという方の下記記事を参考にさせてもらった。コードとかちんぷんかんぷんでしたが分かりやす書いてあり、コピペ余裕でした

www.yukihy.com

 _______________________________________

 

 More to Come!